2ちゃん削除法!!

ネット被害の対処法

ネット被害の対処法

インターネットの普及によって、誹謗中傷などの被害が増えています。
特に代表的なのが日本で最大の掲示板である2ちゃんねるです。

匿名で投稿できることもあり、誹謗中傷が日常茶飯事になっている現状があります。

もし、自分がそのような誹謗中傷の被害にあった場合はどうするべきでしょうか。

ショックのあまり茫然自失に陥ってしまいそうになるかもしれません。
しかし、犯罪だと思える場合は、そこで躊躇したり手をこまぬいていないで、
迅速に対処しなければいけません。

被害届を出すのは一つの方法ですが、誹謗中傷被害の場合、警察が迅速に出動してくれるケースは、
少ないのが現状だそうです。

犯罪予告や脅迫など、生命や身体に対して危険が迫っているような場合以外は、
よほどでないと迅速には動いてくれないのが現実です。

なぜなら、警察の場合、個人の精神的な問題は傷害や殺人などに比べると、
どうしても軽いと判断され、後回しにせざるを得ないのだそうです。

まずは民事的に追跡して、発信者を特定し、それから、
なおも処罰を求める意思があれば刑事告訴する。これが現実的だと言えます。

刑法では、誹謗中傷という犯罪ではなく、誹謗中傷された被害者が、
名誉毀損、侮辱、信用毀損、業務妨害、などの罪で処罰を求めるということになります。

ネットによる誹謗中傷の現状