2ちゃん削除法!!

IT化に伴う誹謗中傷の被害

IT化に伴う誹謗中傷の被害

世の中のIT化は目を見張るものがあります。
検索エンジンにキーワードを打ち込むだけで、瞬時に世界中の無数にあるWEBサイトの
中から必要な情報を得ることが出来ます。

しかも、スマートホンやタブレット端末などの急激な普及により、外出先でも検索が可能になりました。
更にはSNSのスパイラル効果で、あっという間に情報が広まることも珍しくありません。

情報が増えると信憑性に欠ける情報も増えてきます。
また信憑性に欠けるだけでなく、全くの事実無根の情報が流れることもあります。

これは個人でも誰でも気軽に情報を発信できるようになったことによる影響です。

そして、いい情報だけでなく誹謗中傷も広がりを見せ始めました。
代表的なところでは巨大掲示板「2ちゃんねる」がありますが、その匿名性も手伝って、
誹謗中傷の横行が後を絶ちません。

いったん書き込まれた誹謗中傷は、何か手を打たない限りずっとネット上に存在し、
世界中のネットユーザーの目に触れる状況であり続けます。

そしてネット上だけに限らず、現実社会にまで影響を及ぼす可能性があるのです。

企業などはブランドイメージを損なう恐れがあり、業績に大きな影響をあたえる
可能性があります。

一度、崩れたブランドイメージを回復させるのは容易ではなく、また時間も非常に
かかるので、早急に誹謗中傷対策を行うことが、重要です。

ネットによる誹謗中傷の現状2ちゃんねるへの対処法